ローソファ専門店HAREM
アルバソファの工場・製作過程

ソファー専門店 HAREM

Top > HAREM ONLINE 通販TOP > ローソファ> アルバソファ


 

<<アルバソファトップへ戻る

創業60年。老舗で国内最高峰レベル、そして環境とひとにやさしい。
越前の工場(マルイチセーリング)でソファを作っています。

・業界に先がけISO14001(国際規格※)を取得。

・健康配慮素材(VOCへの取組み)のためにノントルエンの接着剤、F☆☆☆☆(最高基準)の材料を使用。
 

※ISO14001:国際標準化機構が発行した環境マネジメントシステムに関する国際規格です。

■素材にムダの無いように。仕上がりを左右する裁断作業。

本革には牛本来のキズやたるみがあるため革のどこ部分をどのパーツに使うのか?という調整が大事になってきます。
裁断時にこうして細かく調整することでソファを美しく仕上げることができ、自然から頂いた素材に無駄が出ないように配慮します。

細かなパーツや曲線部分は分け、小さな裁断機で更に精密に裁断します。

■美しく仕上げるために!カーバーの縫製。

ひとつひとつのパーツをこうして手作業で縫い合わせていきます。
シンプルなデザインだからこそ、こういった部分が大切ですね。

細かい部分は慎重に。
手慣れた職人さんが丁寧に仕上げていきます。

■安心して永く使える設計と部材。(最高等級F☆☆☆☆フォースター(JIS規格)は当たり前!)

土台となる木枠部分もきっちり組み立て。
長持ちソファの秘訣のひとつです。

座り心地を左右するウェービングテープ張り作業。
ここでも職人さんの技が光ります!

■4層にもなるウレタンの張付け作業。

アレルギーや人体への配慮のため、ウレタンの接着には、
トルエン等を含まない接着剤(PRTR法対応品、別名ノントルエン)を
使用しています。

ぴっちりとウレタンを重ねていきます。このへんの作業は機械を使えません。
単純ですが神経の使う仕事です^^!

■検品を兼ねて、上張り作業。

お客様の元に届ける大事な商品。
少しのシワやよれの無いようにカバーを取り付けていきます。
生地を傷めないように慎重に!

裏面まできっちり固定していきます。(本革タイプは張り込み)
職人さんが丹精込めてひとつひとつ手作業で行います。
こうやってアルバソファの美しいデザインが仕上がっていくんです!