ローソファ専門店HAREM
ソファの張り地・カバーのお手入れ方法

ソファー専門店 HAREM
ソファのお手入れ方法について

ソファの張り地やカバーの寿命はメンテナンス次第で変わってきます。
また、張り地やカバーの状態によって中材の寿命も変わってきます!
より長く良い状態でご愛用いただくために、ソファの正しいお手入れ方法をご紹介いたします。

布製ソファのお手入れ方法

日頃のメンテナンス

ソファ表面に積もったチリやホコリは放っておくと繊維の奥に入り込み、なかなか取れない長期的な汚れになる可能性がございます。

なるべく月に1度程度はチリやホコリなどを掃除機で吸い取ってあげてください。生地が傷まないよう、掃除機の口はブラシタイプに変えてご使用くださいませ。

液体汚れへの対処法

清潔な柔らかい布、またはティッシュ等で液体を吸い取るように汚れを除去してください。 汚れの拡大、布地の痛み、シミの原因となり得ますので、こすったり押したりしないようお気をつけください。

シミが生地に残るような汚れには…

中性洗剤をぬるま湯で約5%に薄め、柔らかい布に浸し、軽く絞って表面を叩くように汚れを落としてください。
その後、固く絞った蒸しタオルで洗剤分をよく拭き取り、乾いた柔らかい布で優しく空拭きをした後、自然乾燥させてください。

自然乾燥させる際には太陽光下での乾燥やドライヤーなどの急激な乾燥は、素材の縮み、硬化や変色の原因となります。風通しのいいところで陰干ししてください。

布製ソファカバーの洗い方

カバーリングタイプの場合は、カバーをはずして洗うことが出来ます。

マジックテープのついたカバーについて

カバーリングタイプのソファのカバーには、マジックテープが縫製されているものがあります。

そのままの状態でクリーニングや水洗いをすると、マジックテープ部分が生地や縫製部分を傷つける可能性がございます。長くお使いいただくためにも、カバーを洗う際は必ずマジックテープを保護してから、生地部分になるべく触れないようやさしく手洗いしてください。

「水洗い可」と記載のない生地について

生地サンプルお取り寄せページもしくはカタログに「水洗い可」と記載のない生地はドライクリーニングのみ可能です。クリーニング店など専門の業者にご依頼くださいませ。

ご家庭での洗濯は生地の傷みや縮みの原因となります。長くご使用いただくためにも、絶対にお避けください。

「水洗い可」と記載のある生地について

キルティング加工が施されているカバー

スキップ1ミニソファ

つみきソファ

ピカソソファ


これらのソファカバーにはキルト綿を挟んだ「キルティング加工」が施されているため、 洗濯機で洗浄すると中のキルト綿がよれてしまい、その後の見た目・座り心地に影響が出てしまう可能性がございます。
また、脱水によりカバーが縮み、その後のカバーの取り付けが困難になる可能性もございます。

洗濯機での洗浄は絶対に避け、やさしく押すようにして手洗いしてください。
その際、裏面のキルト綿になるべく水がかからないようご配慮くださいませ。


ただし、カバー全体を手洗いしようものなら1日がかりの大作業になります!
(スタッフ経験談)


手で洗うのも、水気をとるのも、干すのも、どれをとっても大変でした。
手間と安心を思うと、専門業者にドライクリーニングを依頼していただくのが一番おすすめです。

キルティング加工が施されていないカバー


キルティング加工が施されていないカバーも、基本的には専門業者によるドライクリーニングを推奨しています。

洗濯機での洗浄・脱水は、生地の傷み、色落ち、縮み、マジックテープやファスナーの損傷につながります。また、マジックテープがこすれ生地に傷が付く可能性もございます。

ご家庭で洗浄する際は上記のことにお気をつけて、なるべくやさしく手洗いしてください。

家でソファカバーを洗ってみよう

1.洗う

30度程度のぬるま湯で、やさしく押すように手洗いしてください。

色落ちの原因になるため、塩素系漂白剤の使用はお避けください。

2.脱水する

バスタオルなどで水気を吸い取ってください。

脱水機の使用や強く絞ることはお避けください。

3.乾かす

風通しの良いところで、日陰にて吊り干ししてください。

太陽光下での乾燥やドライヤーなどによる急激な乾燥は、
素材の縮み、硬化や変色の原因となります。お避け下さい。

4.整える

風通しの良いところで、日陰にて吊り干ししてください。

汚れにくい!おすすめオプション商品・生地

オーバーカバー

エプロンカバー

Xランク生地「ラムース」

オーバーカバー (※ スキップ1ミニソファ専用)


スキップ1ミニソファの上からかぶせて使えるソファ保護用のカバーです。
製作は綿100%の生地かラムースかで選択して頂けます。紐で結んでソファに固定するため、取り外しやすくお手入れが簡単です。

詳細・販売ページへ


エプロンカバー (※ つみきソファ、アームクッション専用)


つみきソファやアームクッションにくるっと巻いて使えるソファ保護用のカバーです。
生地はラムースで製作しているため、汚れにくくお手入れしやすいのが特長です。

詳細・販売ページへ


Xランク生地「ラムース」


撥水加工が施されているため汚れにくく、汚れても通常の汚れであれば中性洗剤を溶かしたぬるま湯で拭いとれます。4000回の耐摩耗テストをクリアし、環境と人にやさしい原料・製法で作られているので、小さなお子様やペットのいるご家庭にオススメの生地です。

詳細ページへ

本革ソファのお手入れ方法

日頃のメンテナンス

ソファ表面に積もったチリやホコリは掃除機で簡単に取り除くことができます。こまめにメンテナンスしていただくことで、より長くきれいにお使いいただけます。

革が傷まないよう、掃除機の口はブラシタイプに変えてご使用くださいませ。

液体汚れへの対処法

汚れを長く放置すると取り除くのが難しくなります。
汚れの種類に応じて、以下の方法でできるだけ早めに対処くださいませ。

乾いたタオルで拭きとってください。

ビール、ジュース、ソースなど

粉洗剤をぬるま湯に溶かし、白い清潔な布に含ませて汚れをこすってください。

コーヒー

粉洗剤をぬるま湯に溶かし、白い清潔な布に含ませて汚れをこすり、その後、お湯を含ませた布でこすってください。

チューインガム

洗濯用ベンジンもしくはシミ抜き材を白い清潔な布に含ませてこすってください。

ボールペン

洗濯用ベンジン、ベンゾール、アルコールを、吸収力の高い白い清潔な布かティッシュなどに含ませて、たたきながら汚れを除去します。
強くこすると色落ちの原因となります。お気をつけくださいませ。

ドライヤーなどによる高温下での乾燥は変型や型崩れの原因となります。
なるべく風通しの良い場所で自然乾燥させてください。

強力な漂白剤などのご使用は色落ちの原因となります。絶対にお避けください。