ローソファ専門店HAREM
生地についてのよくいただくご相談、ご質問

ソファー専門店 HAREM

生地の違いや、特徴に関するご質問

生地について、よくいただくご質問や相談をこちらで確認していただけます。

  • 汚れにくい生地はありますか?

    • 生地としてハッキリ汚れにくい生地というものは、ご家庭の環境にもよりますのでご紹介しにくいのが現状です。
      ソファの生地の汚れ対策として1番いいのは日々のメンテナンスになります。
      ブラシや掃除機等で日頃よりお手入れされている方が汚れがしみ込みにくく、長い間きれいにお使いいただくことが可能かと存じます。
      ベージュやブラウン等の汚れが目立ちにくいカラーをお選びいただくのも1つの手です。

      また、カバー着せ替え可能ソファ等ですと、カバーをはずしてクリーニングしていただけますし、カバーが古くなったら新しいカバーにかえることが出来ます。
      汚れにくい、汚れがとりやすい、という点で1番のおすすめ生地はXランクの旭化成さんの特許生地「ラムース(Xランク)」です。
      水汚れにも強く、ちょっとした汚れでしたら中性洗剤をとかしたぬるま湯でぬぐい取れます。
      メンテナンスが比較的にしやすいものとしまして本革がございます。
      織物に比べて生地の中にまでホコリや汚れが入り込むことがありません。
      それにサッと水拭きや乾拭きが出来る点もお手入れがしやすい所ですね。

       

  • 「水洗い可能」という表記のないソファ布地は洗えないのですか?

    • 「水洗い可能」という表記のある生地以外は、布地の縮み防止のため、水洗いはお避けください。
      ドライクリーニングですと可能です。クリーニング屋などの専門の方にご依頼ください。

      ※「水洗い可能」という表記のある生地は、手洗いでの水洗いが可能です。
      生地の傷みや糸のほつれなどの原因となりますのでご家庭の洗濯機では洗わないで下さい。
      洗濯機での水洗いによってチャックやマジックテープに損傷を与える恐れがございます。

  • ソファの張り地は、綿の生地が一番良いのでしょうか??

    • ご希望のソファの使い方やライフスタイルによってそれぞれです。
      肌ざわりで言えばやはり綿を使っているものの方がおすすめになります。保温性と防暑に優れていますし、やわらかい肌ざわりが気持ちいいのでソファの上でゴロゴロする方に綿の生地はおすすめですね。

      しかしメンテナンスや耐久性を重視するのであれば、
      ポリエスチル・アクリル素材の生地等がおすすめになってきます。

  • 生地のランクに違いはあるのでしょうか?

    • 「生地のランクが低い=粗悪品」というわけではありません。
      生地としてはほとんど申し分の無い生地でも人気で大量に流通している生地は(アトレやホルム等)比較的安価で工場に入るためお買い求めやすい生地ランクになっている場合もございます。

      基本的に弊社で取り扱っている生地は耐久性の優れた一定レベル以上のものをお取り扱いしております。