ローソファ専門店HAREM
SKIPソファミニ 工場でソファが出来るまで

ソファー専門店 HAREM

Top > HAREM ONLINE 通販TOP > ローソファ> スキップソファミニ


 

<<スキップソファミニトップへ

創業60年。老舗で国内最高峰レベル、そして環境とひとにやさしい。
越前の工場(マルイチセーリング)でソファを作っています。

・業界に先がけISO14001(国際規格※)を取得。

・健康配慮素材(VOCへの取組み)のためにノントルエンの接着剤、F☆☆☆☆(最高基準)の材料を使用。
 張り材にはダイオキシン対策のため背面にもウレタン樹脂素材を使用。

※ISO14001:国際標準化機構が発行した環境マネジメントシステムに関する国際規格です。

■カバーの加工、キルティング

スキップソファミニは生地をそのままカバーとして使うのではなく、
キルティングという加工を施してカバーにします。

かなり大掛かりな機械でカバーを作っていきます。
時間もかかるけど、その分耐久性とクッション性のあるカバーになります。

■スキップソファミニのコア部分!ウレタン部分の加工。

広い工場内にはたくさんの種類と量のウレタンが常備されています。
もちろんウレタンも国産ですよ。

ウレタンのカット。機械も使用しますが細かい部分は、
手慣れた職人さんが非常に効率よくカットしていきます。

■安心して永く使える設計と部材。

アレルギーや人体への配慮のため、ウレタンの接着には、
トルエン等を含まない接着剤(PRTR法対応品、別名ノントルエン)を
使用しています。

このようにやわらかい部分のモールドウレタンで比重の高いかためのチップウレタンをはさみます。

■最新の機械を使って生地を裁断。

型紙を使用し、正確かつスピーディに裁断を進めていきます。

ちょっとのズレが大きなミスになるカバーの裁断。
こういった細かく、正確さが求められる作業場は
女性の職人さんが多いんです。さすがです!

■カバーの裁縫部分。美しい仕上がりにするために!

カバーの裏面や、ソファの裏面など。
仕上がってしまえば、ほんと見えない部分です・・・。
でもこうやって非常に細かな部分に精魂込めてくださっています。

キルティングの綿が漏れたりしないように。。
こうやってスキップソファミニのカバーは作られていきます。

■検品を兼ねて、上張り作業。

この過程では検品をかねてソファ本体にカバーを掛けていきます。

お客様に届ける大事な商品。
上張りをして、ぴっちりと張った後もう一度検品します。
最後まで気が抜けません。

■出荷前に最終検品。

ソファについたほこりや糸くずなどをきれいに落とします。
キレイになった状態で検品し、問題がなければ出荷されます。
極めて厳しい検品基準があるらしく、この部分でやり直し、ある段階へ戻されることもあるようです。。。さすが、職人ですね!

大事に梱包されて、お客様のもとへ行ってきます!
いってらっしゃい!