ショールーム案内

ローソファと目線の話

空間がひろがる、インテリアの高さと目線の関係。

リビングに開放感を出して、スッキリとした印象のお部屋づくりをしてみよう。

ローソファーはリビングに開放感を出し、スッキリとした印象のお部屋づくりが可能です。

目線の先に、スペースを作るのもインテリア選びでは大事なポイント

ローソファーは床に近い状態でくつろぐため、お部屋を広く感じることができます。

床暮らしをおすすめしている理由の一つとして「開放感」があります。
まずは感覚による開放感。
低めのソファに座ると床に近い状態でくつろぐため目線は自然と見上げる感じになりますが、そのおかげか天井やかべに奥行きを感じ、結果的にくつろいでいる時もお部屋を広く感じることができます。 特に日本の住宅では膨張色である白の壁紙が天井や壁によく使われるのでさらに広さを感じます。圧迫感や窮屈感がない、それだけで心からリラックスできますよ。

お部屋に入った時にスッキリしているようにみえる

背が低いソファーですので、目線の先をスッキリした印象を与えます。

実際にスッキリとした印象のお部屋作りをするためにはどうしたら良いでしょうか。
これには空間と目線の関係をうまく使って、スッキリとした印象を与える方法があります。
ローソファ・フロアソファに合わせて、周りのインテリアも少し低めのモノを選ぶと全体的にお部屋に開放感が生まれます。
お部屋に入ったときに目線の先に物がゴチャゴチャとあったり、圧倒されるような大きさの棚があると、せっかくお部屋をキレイにしていても第一印象で乱雑に感じたり窮屈に感じたりしてしまいます。 なので、 ・お部屋に入った時の目線の先にはできるだけスペースや壁一面をみせる。
・ワンポイントになる絵画やちょっとした小物を少しかざる程度に抑える。(そのほうが雑貨や絵画にうまく目線がいきます。)
デザインでもインテリアコーディネートでも「余白」をいかにうまく使いこなすかが「スッキリとしていてセンスがいい」と思われるコーディネートのカギになってきます。
スッキリしたお部屋づくりをされる方は、物の配置だけではなく、ぜひ「目線」を意識してコーディネートを楽しんでみて下さい。

ローソファでひろびろとしたお部屋の演出に成功されているお客様

ローソファで空間演出に成功されているお客様はたくさんおられますが今回はホワイトをベースに きれいなコーディネートをされているお客様のお部屋をピックアップさせて頂きました。 どれもスッキリとした空間でくつろげそうでステキですね!