ショールーム案内
スキップソファ
スキップソファ

スキップ1ミニソファができるまで

スキップ1ミニソファは座面の高さが4cmと、HAREMの中で最も低いソファ。
前のモデル「スキップソファ」を含めると40年以上の歴史があり、長く愛されてきた実績とへたりにくい中材(※)の構造から「ウレタン10年保証」を付けています。

そんなスキップ1ミニソファの中はどうなっているのか、素材、構造、製造工程を順に追いながらご紹介いたします。
※中材…ソファの中身。カバーをかける前の、素材を組み合わせた状態のもの。

素材と構造

スキップ1ミニソファ 素材と構造 スキップ1ミニソファ 素材と構造

構造の特色

床の延長のような感覚でくつろげるため、こたつや和室など和のインテリアと合わせやすい。木枠やバネを使わないウレタンのみの構造で、コア部分にへたりにくいチップウレタンを使用しています。

素材と役割

中材のコア部分に中硬度のチップウレタンを使用。しっかり硬めでへたりにくく、ソファの耐久性や弾力を高めます

チップウレタンを覆う柔らかなウレタン。座り心地の弾力と柔らかさを実現します

カバーに綿を挟んで縫製するキルティング加工を採用。カバーの「よれ」を防ぎ、見た目と耐久性を向上。座り心地も柔らかに。

フローリングの上に直に設置しても滑りにくいよう、座面の裏面に滑り止めシートを使用しています。

スキップ1ミニソファができるまで ①

下張り

スキップ1ミニソファ(I型)背もたれ

「下張り」とはソファの中材であるウレタンを接着する工程のことです。吹き付けた接着剤の量や位置を確認できるよう、接着剤は緑色に着色されています。
厚みの違うウレタンをきれいに貼り合わせるのは難しく、職人の技を要します。

機械でウレタンをカットします。

スキップ1ミニソファ(L型)の背もたれの中材は、斜めにカットしたウレタンを2つ接着して作ります。

以下、中材の断面です。ウレタンの端材を固めて作るチップウレタンは耐久性と弾力性が高いため、座面と背もたれのコア部分に使用しています。

スキップ1ミニソファ座面(が、2つ重なっているところ)

スキップ1ミニソファ背もたれ

チップウレタンだけでは硬すぎるため、クッション性が高く柔らかいスラブウレタン(黄)を重ねます。

シンプルな構造ながら、ウレタンの保証期間は10年!座面と背もたれ、それぞれの中材も販売しているため、どちらかだけ交換していただくことも可能です。

ウレタン10年保証について

スキップ1ミニソファができるまで ②

生地のキルティング加工

ソファのカバーを製作します。まずは、生地と裏地の間に綿を挟んで縫製する「キルティング加工」を施します。
キルティング加工を施すことで、生地にボリュームが出て座り心地が柔らかくなり、生地がよれにくくなるためカバーの耐久性も上がります。

使用する糸の色は生地に合わせて変えています。

この機械は40年以上の年代物で、日本にはもう数台しか残っておらず、マニュアルもありません。さらに季節や湿度、生地と糸の相性によりコンディションが変わってしまうほど繊細です。
操作やメンテナンスが非常に難しく、この工程に携わる職人たちは様々な試行錯誤を何度も繰り返したとのこと。「大変ではあるけれど、機械の調子が出た時は涙が出るほど嬉しい」と話してくださいました。

新しい機械を導入すれば、手が掛からずメンテナンスも楽になるかもしれませんが、古い機械を長く使い続けることで環境保全や商品のコストダウンに繋がると考え、今も大切に使い続けています。

職人曰く「この機械は手のかかる生き物のよう」。様々な理由はあれど、シンプルに仕事仲間としての愛着もあるのでしょう。この工程に職人の心がこもっているのを感じる印象的な言葉でした。

スキップ1ミニソファができるまで ③

生地の裁断

キルティング加工が施された生地をこちらの機械で裁断します。

裁断した生地のキルティングのラインがまっすぐになるよう、スタート位置に気を付けてセッティング。裁断しやすいように一度バキュームでぺたんこにします。(ぺたんこすぎるとキルティングのラインが見えなくなってしまうので、調整しながら)

こちらは裁断後の生地。生地と裏地の間に綿が入っているため、生地にボリュームがあります。

起毛している生地は、毛の流れる方向にも気を付けて。
座面は手前から奥に向かって毛が流れるように、背もたれは上から下に向かって毛が流れるように、座る瞬間に摩擦が起きない毛流れになるよう裁断しています。

キルティングが入った生地の裁断は難しく、以前は手作業でカットしていましたが、キルティング生地を使用したソファの人気が高まったことを受け、作業効率を上げるために機械化することに。
職人たちが機械の設定を微調整しながら試行錯誤を繰り返し、今はきれいに、かつての1/3の時間で裁断できるようになったそうです。

スキップ1ミニソファができるまで ④

生地の縫製

裁断した生地をカバーに仕立てます。

切りっぱなしのままではキルティングの糸が端からほつれてしまうため、生地の端をすべて縫い合わせ、ファスナーを取り付ける部分にはオーバーロック(布の端がほつれないようにする「かがり縫い」のこと)をかけます。

スキップ1ミニソファの座面と背もたれはファスナーでジョイントさせます。その際、座面と背もたれのキルティングのラインがずれないようにファスナーに小さく印を付けます。

縫製が一通り終わったら、座面のカバーと背もたれのカバーをファスナーで繋いで、キルティングのラインがきれいに揃っているかを確認します。

背もたれ側面に入れているステッチは、デザイン面でも強度の面でもとっても重要。

キルティング加工が施されている生地は厚みがあるため、きれいに縫製するには職人の技術が必要となります。

スキップ1ミニソファができるまで ⑤

上張り

スキップ1ミニソファ(L型)背もたれにカバーをかけているところ

「上張り」とは、完成した中材に、完成したカバーを取り付ける工程のこと。
ソファの仕上がりに関わる大事な工程なので、検品を兼ねて、糸の飛び出しがないか、縫製がきれいか、細かい部分をチェックしながら作業を進めていきます。

スキップ1ミニソファはソファカバーがパンっと張ってきれいな仕上がりになるよう、中材に対してカバーがジャストサイズに設計されています。そのため、カバーの取り付けにパワーが必要…だけど、力任せにするとウレタンが破損してしまう…カバーの脱着が少し難しいソファです。

写真のようにビニールをカバーとウレタンの間に挟むと摩擦が起きにくく、比較的スムーズにカバーを取り付けられます。カバーのメンテナンスや交換の際はぜひおためしください!

スキップ1ミニソファができるまで ⑥

検品・梱包・配送

下記の項目を確認した上で、梱包直前の状態を写真で記録し、梱包します。

・キルティングのラインが背と座で合っているか
・キズ、汚れ、いびつな部分が無いか
・生地に匂いが付いていないか
・注文内容とソファのサイズ、数、生地が合っているか

段ボールに送り状を貼って、あとは配送業者さんのお仕事です。箱の中でスキップ1ミニソファがソワソワしています。お客様の暮らしになじんで、ご家族の素敵な思い出をつくれますように。

 

(取材&文:水嶋美和 撮影:森岡祐加 / 2020年3月)

※ 製造の効率化や商品改良のため、商品の仕様を適宜に変更しております。座り心地が変わる、デザインが変わる、価格が変わるなど、影響の大きい仕様変更を行う際はHAREMのHPにて詳細を掲載いたします。