オンラインストア案内
ショールーム案内
■大阪ショールーム 〒591-8004 大阪府堺市北区蔵前町1-17-1 072-252-2625 営業時間 - 11:00 ~ 18:00 定休日 - 水曜日
大阪ショールーム詳細へ
■東京ショールーム 〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-13-14 グランデュオ青葉台B1 03-6455-1375 営業時間 - 11:00 ~ 18:00 定休日 - 水曜日・金曜日
東京ショールーム詳細へ
ローソファのある暮らし Long Life 大阪府 T様邸
ローソファのある暮らし Long Life 大阪府 T様邸
ローソファのある暮らし Long Life 大阪府 T様邸

ローソファがお家に入ってから、どんな風になじみ、どんな風に暮らしを変えるのか。納品後、1年後、数年後…。お客さまのご自宅にHAREMのスタッフがおじゃまし、お話を伺う連載コラムです。

今回の取材は大阪府T様邸、2回目の訪問です!前回は納品1年後の様子を見せていただきましたが、それから4年の月日が経って…あら!ご家族が増えている!?家も変わっている!?4年あれば色々と変化がございます。つみきソファはどうでしょうか?

大阪府 T様邸へお伺いしました!
ローソファのある暮らし Long Life home.2

ご家族のプロフィール

ローソファのある暮らし Long Life 大阪府 T様邸
Tパパ(写真右)
バスケットボールが趣味な体育会系パパ。

Tママ(写真真ん中上)
野球観戦とヨガが趣味。子供が大好きなママ。

あっくん(写真真ん中下)
最近ハマっているのは仮面ライダーエグゼイド。

はんちゃん(写真左)
最近ちょっとわんぱく過ぎてお母さんも困っています。

ローソファのプロフィール

つみきソファ
つみきソファ  ソファ詳細ページ
サイズ:18000mm、アームクッションS、アームクッションM
生地:Xランク / ラムース / アイボリー
設置場所:リビング
ご購入から:5年

新しい家、新しい家族、新しい生活。

何やら前回から家族の風景が大きく変わっているようです。まずは、何と言っても新しい家族!Tさんご家族にかわいい娘さん、はんちゃんが仲間入りしました。あっくんもすごく大きくなっていて、4年という月日の長さを感じるような、あっという間なような。

ローソファのある暮らし Long Life 大阪府 T様邸

「見ての通り、2人目の子供が出来まして。前回に取材に来てもらった時にもマイホーム計画はあったんですけど、2人目が生まれた事で話がより一層現実味を帯びて、3年前に今の家に引越ししました。リビングにはつみきソファを置く前提で、住宅メーカーの人に相談しました。」

そう、もう一つの大きな変化は「家」です。新しい家族の場所でもつみきソファが活躍しているようで、とても嬉しいです。

ローソファのある暮らし Long Life 大阪府 T様邸

大人と子供、それぞれの場所。

実はTさんと私HAREMスタッフ岸宗は元同級生。家族ぐるみの付き合いで、今日も家族を連れて遊びに来させていただきました。

ローソファのある暮らし Long Life 大阪府 T様邸

「子供達にとってつみきソファは、赤ちゃんの頃からずっと過ごしていた場所。何となく“自分の場所”という意識があるのか、基本的にソファは子供達に乗っ取られています(笑)。大きくなってたくさん動き回るようになって改めて思うのは、ローソファは子供のいる暮らしに合っているなと。床で遊んで、そのままローソファの上に移動して遊んで…床の延長のような感じ使っていますね。」

そう言いながら、ダイニングからリビングで遊ぶ子供たちを見守るTさん。ソファの上が子供たちの場所なら、ダイニングは大人の場所という感じです。

「ソファが低いから、視線を遮るものがない。ダイニングからもテレビが見えるし、子供が遊んでいる姿も見える。元々天井の高い設計のリビングなんですけど、ローソファのおかげで一層開放感あるスペースになりました。」

ローソファのある暮らし Long Life 大阪府 T様邸
ダイニングは大人のスペース

ローソファのある暮らし Long Life 大阪府 T様邸
リビングは子供たちの場所

ローソファのある暮らし Long Life 大阪府 T様邸
Tさんお気に入りのロフト。ゆくゆくは子供部屋になる予定です。

ローソファのある暮らし Long Life 大阪府 T様邸
畳スペースには大きなジャングルジムと滑り台!キッズスペースに。

「畳は和モダンでかっこいい落ち着いたスペースに…と考えていたのですが、子供が大きくなってからですね。」

子供がのびのび過ごせる環境を優先する気持ち、昨年父親デビューした私にも痛いほどわかります。遊具にたくさんのおもちゃ、大きく立派な兜(取材日は端午の節句でした)。「たくさん遊んでのびのび育ってほしい」という親心がTさんの家にはあふれていました。

つみきソファとの暮らし方
- メンテナンスのお話 -

環境が大きく変わったこの5年間、つみきソファを使い続けた感想を伺いました。

「快適です。子供たちがこうしてはしゃいでいるにも関わらず、座り心地が変わったとも感じないし、壊れないし。友人や親戚が遊びに来てくれた時にも好評ですよ。でも、唯一気になるのはカバーを外した時にウレタンが丸見えになること。日焼けして変色したりしていると気になりますね。座り心地に影響は無いんですけど。」

実は、これら声を受けてつみきソファの商品仕様を改良しました。( つみきソファの仕様変更について) また、つみきソファはウレタンの部位のみですが「ウレタン10年保証」を付けているので、もしもひどい劣化が起こった際はご連絡くださいね。そのほか、メンテナンスで気をつけていることはありますか?

つみきソファ

「気軽に取り外しのできるマルチカバーをかけています。つみきソファは肘がないフラットなデザインなので、どんなカバーでも合わせやすいですね。ソファ本体のカバーが今もきれいなのは、このマルチカバーがボロボロになるまで頑張ってくれたおかげ。商品自体の耐久性ももちろんあると思いますが、そこに頼らずに大切に使うようにしています。」

本当の意味での「長く使えるソファ」は、作り手だけでは作れません。耐久性の高い構造や素材を考え抜いて、形にする。私たちが出来るのはここまでで、あとは使い手の方に大事にしてもらえるかどうか。

もちろん、そのために愛着の持てるデザインを生み出すこと。よりソファにやさしい使用環境を提案したり、メンテナンスのご相談を受けたりと、ご購入後もお客さまの暮らしに寄り添い続けること。ロングライフを理念とするHAREMにとって大切にしなくてはならい仕事だなと感じました。

 

次回T様家にお伺いする時は、あっくんとはんちゃんがさらに大きくなっていますね。また会えるのを楽しみにしています!

(取材:岸宗 大輔 / 2018年5月)

2013年に納品。T様ご家族とつみきソファの暮らしはこちらから。

 

今回登場のローソファ:つみきソファ

つみきソファ
積み木のように組み合わせて、思い通りのローソファ。
本体は座面と背もたれだけでシンプル。そのままでももちろんOK、豊富なオプションクッションを組み合わせて自分たちらしいソファにすることも。

【写真】つみきソファ W1800/ 生地:Nランク:パステラ:デニム(以下、オプショングッズ)アームクッションS、アームクッションL、ハイバック背クッション、60クッション

つみきソファ 詳細ページ