ショールーム案内
和室とローソファのいい関係

和室とローソファのいい関係

和室とローソファのいい関係

畳にごろんと寝転んで、立ち上がるい草のかおり。おばあちゃんの家、幼い頃の思い出、子供たちが小さかった頃の思い出。懐かしい気持ちになって、よりリラックスしてくつろげるのが和室のいいところです。しかし西洋化が進む現代のライフスタイルでは、和室が物置になってしまったり、誰も使わず持て余してしまったり、扱いにくさを感じるのもまた事実。

では、そこにソファを置いてみては?ただのソファではなく、座面の低いローソファです。洋のインテリアでありながら、意外に和室とも相性がいいローソファ。その理由や、和室との合わせ方のポイント、注意しておきたい事などをご紹介いたします。

INDEX

They have good chemistry!

和室とローソファ。意外、でも相性よし!

和室とソファを調和させる「低さ」

洋風のインテリアである「ソファ」と、畳やふすまに囲まれた「和室」。ただ和室にソファを置くだけではテイストがちぐはぐな部屋になってしまいそうですが、ソファ選びのポイントさえ押さえておけば、洋室には真似できないおしゃれな雰囲気の部屋を作ることができます。

まず、和室に合わせるならソファは座面の低いものを選びましょう。畳とソファ、高さの差を無くすことで見た目のアンバランス感が無くなり、和室とソファが調和しやすくなります。また、畳とローソファはともに床暮らしに根付いたアイテムなので、相性がいいのは実はとても自然。背の高いソファを和室に置くと違和感が生じますが、ローソファならポンと置けば、意外なほどすっとなじんでくれます。

和室とソファを調和させる「低さ」
写真:ローソファのある暮らしの探訪記 滋賀県・田中さま邸

また、畳とソファ、高さの境界線をなくすことで、どちらの上でもごろごろくつろぎやすく。和室全体にくつろぎ空間が広がります。

写真:つみきソファ
インテリアコラム「空間がひろがる、インテリアの高さと目線の関係」

和室の目線と、家具の高さ。

畳に直に座ったり、座椅子だったり、座布団の上だったり。和室では床や床に近い位置で過ごすことが多いため、目線は自ずと低くなります。その中で背の高い家具に囲まれてしまうと、圧迫感が出て落ち着けません。

和室では、テーブルや本棚などの家具もなるべく低く揃えるようにしましょう。これにより見通しが良くなり、開放感が感じられて、ごろごろ時間がよりのびのびとしたものに。和室の良さが生きるコーディネートになります。

和室とローソファでくつろぎ空間に
写真:ローソファのある暮らし 大阪府 S様

できれば、夏なら、靴下も脱いで素足で、開放感を全力で感じて。冬ならこたつで、みんなと同じ目線の高さでぬくぬく暖かい時間をお過ごしください。

写真:つみきソファ

「和室にローソファ」が合う暮らし

フローリングに直に座るのは気が引けますが、畳ならどこでも座って、何なら寝転がってもOK。 和室は洋室よりもくつろぎスペースが格段に広く、間取りの真ん中に位置していることが多いことから、実はリビングとして使うのにとても適しています。

しかしそこで長時間過ごすともなれば、おしりが痛くなってきたり、背もたれが欲しくなったり…やはり畳リビングにもソファは必要です。ローソファなら、畳の上に座る人、ソファの上に座る人、みんなの目線が近くなってコミュニケーションもより密に。長く快適に過ごせるようになれば、家族だんらんもより良い時間になりますよ。

「和室にローソファ」が合う暮らし
写真:ローソファのある暮らしの探訪記 横浜市・あすなろ建築工房さん

また、和室は畳、障子、ふすま、漆喰など、本来自然素材に囲まれた空間です(素材は各家庭により異なります)。さらに、畳にはクッション性が高いことから、和室は赤ちゃんや小さな子供と過ごすキッズスペースにもぴったりです。ごろ寝できるようなソファを置けば、親子のお昼寝スペースも作れますね。

写真:つみきソファ

About Washitsu and Sofa.

和室コーディネートとソファのこと

作りたい部屋から考えよう。

そうだ、和室にローソファを置こう!と調べ始めれば迷うソファの森。ローソファと一言に言えど、デザイン、サイズ、素材も様々。張り地は本革にしようかファブリックにしようか。色はどうしよう?などなど考えることがたくさん出てきます。考えている間に季節が巡ってしまうのもよくある話で…

ソファ選びは、ソファから考えるよりもお部屋から考える方がスムーズです!まずは和室をどんな部屋にしたいかを考えましょう。和モダン?ナチュラル?レトロ?かわいい?落ち着いた雰囲気?

和室コーディネートとソファのこと

先に理想のお部屋を考えることで、そこに似合うソファを選びやすくなります。当店でもコーディネートの相談を受け付けているので、迷った際はお気軽にお問い合わせくださいね。こちらのコラムでは、例を挙げながら和室コーディネートとソファの関係を覗いていきましょう。

お問い合わせはこちらから
写真:ピカソソファ

和モダンで、かっこよく。

日本の趣を残したまま、洗練された洋のデザインと融合させて、その調和と違和感を楽しむ「和モダン」。ちょっと高度にも思えるコーディネートですが、ポイントさえ押さえておけば気軽に和モダンな空間を作ることができます。

和室コーディネートとソファのこと

おしゃれで和モダンなお部屋を作るなら、コントラストをきれいに見せることが大事です。例えば、囲炉裏や掛け軸、生け花、ちゃぶ台、竹かごなど、思いっきり和に寄せたインテリアとソファを合わせてみる。これにより生まれたコントラストが、和の要素と洋の要素、両方を映えさせてくれます。

もしくは、畳のグリーンの補色に当たる赤系の生地をソファに張ると、畳とソファの色を両方映えさせることも。その際は、なじみが良くなるように渋みの効いた赤を選ぶのが吉です。赤よりもマイルドでやさしい印象のオレンジや、空間を引き締めるネイビー系のソファも和室に人気です。

和室にソファで和モダンに
写真:ローソファのある暮らし 京都府 N様


和室にソファで和モダンに
写真:ローソファのある暮らし 静岡県 M様

レトロな雰囲気がお好みであれば、背もたれに丸ボタンで留めているデザインのソファも。木枠にウォールナット、張り地を本革にするとぐっと大人でお洒落なソファになります。また、ウォールナットや本革は経年変化をしていく素材なので、長く楽しめるのも魅力です。

写真:つみきソファ

ナチュラルテイストで、やさしく。

ソファ生地のカラーを畳の色味に近い黄緑やイエロー系にすると、お部屋に昔からあったかのようにすっとなじみます。淡く優しい色味は和室特有の懐かしさや安心感をより一層膨らませてくれるので、居心地の良さにこだわりたい方にはオススメのコーディネートです。

オーク材などナチュラル系の家具を合わせて、北欧テイストの雑貨やアイテムを合わせれば、「北欧テイストの和モダン」というちょっと国籍不明ながら、かわいくおしゃれなお部屋にも。

和室にソファで北欧ナチュラル
写真:ローソファのある暮らし 京都府 H様

もっと落ち着いた雰囲気がお好みであれば、グレー、ベージュ、ブラウン系のソファ生地も人気です。立体感のある生地やさりげなく柄が入った生地は、単調な印象にならず触り心地も楽しい。深いブラウンや赤みのある飴色の家具を合わせると、しっとりとした雰囲気でよく似合います。

和室にソファで昭和レトロ
写真:ローソファのある暮らし 奈良県 K様

写真:つみきソファ
写真:ロハスソファ

ソファの素材で変わる印象と長所

当店の商品を例に挙げると、ローソファには以下の種類があります。

(1) ウレタンのみで製作されているローソファ
(2) 中材にフレームが入っているけど表には見えないローソファ
(3) 木を見せるデザインのローソファ

(1)はウレタンのみで硬い部分がなく、(2)も張り地に覆われているため畳を傷つける心配がございません。比較的軽いものが多く気軽に移動できるというメリットも。ともに床に直置きタイプのものが多いので、見た目はぽてんと愛らしい印象です。

和室にソファで昭和レトロ

(3)の木を見せるデザインのローソファは、お部屋にスタイリッシュさや高級感をさりげなく添えてくれます。畳と木、ともに自然素材ということもあって相性も抜群。木はソファと畳を調和をさせる役割も果たしてくれます。ただし当然ながら木は硬く、気を付けなければ畳を傷める恐れがあります。比較的重量もあるため、沈み込みにより畳に跡が残りやすいというデメリットも。

個性も特長もそれぞれ。お部屋や暮らしに合うものを選びましょう。

写真:ピカソソファ

Be careful not to damage TATAMI!

畳にソファ跡を残さないために

脚なし、マットレスタイプのソファを選ぶ

ウレタンのみで製作されているマットレスタイプのローソファは、脚がなく床に直置きが基本の形。体だけでなく畳にもソフトに触れ、硬い角もないので畳を傷つけません。木材を使用しているソファよりも比較的軽いので、お部屋の模様替え時も気軽に移動可能!ですが、ひきずって移動させると畳に摩擦が生じます。重いソファは2名以上で持ち上げて移動するよう心がけてください。

スタッフ宅で使用した実績や経験を踏まえ、つみきソファとスキップ1ミニソファには「ウレタン10年保証」を付けております。(※ウレタンの消耗がやヘタリが生じないことを保証するものではございません。)

ウレタン10年保証について

重量が分散されるフロアタイプのソファを選ぶ

ともに自然素材ということもあり、畳と木の家具との相性は抜群です。一方、サイズや構造にもよりますが、木を使ったソファはウレタンのみで製作されているソファよりも重量があり、さらに座る人たちの体重がプラスされ、畳に大きな負荷がかかります。

木を使ったデザインのソファが良い!でも、畳に跡は残したくない…という方は、4本ないし5本の脚で支えるタイプのソファを避け、床に直置きするフロアタイプのソファを選びましょう。畳との接地面を点ではなく面にすることで、重量が分散されて畳に跡が比較的残りにくくなります。

>畳にソファ跡を残さないために

畳の跡や傷を防止するアイテムも

小さなコルク製のマットやい草の座卓敷きなど、クッション性の高いものをソファの下に敷くのも一つの手です。素材や色、サイズ、様々な商品があるので、お部屋のテイストに合うものを選びましょう。

畳の跡や傷を防止するために畳の上にラグやカーペットを敷く方法もございますが、畳、カーペット、ソファ、いずれもダニやカビの温床になる恐れがあるので避けた方がベターです。い草は本来優れた吸湿性を備えている素材なので、夏はさらりと、冬は暖かく過ごせます。畳は畳としてそのままの風合いを楽しみましょう!

和室にソファで昭和レトロ
写真:ローソファのある暮らし 熊本県 Y様

Maintain TATAMI and SOFA for longer.

畳とローソファのメンテナンス方法

換気が大事!カビやダニから守るために。

フロアソファの美味しい話ばかりをしてしまいましたが、重大な注意点もございます!それは住宅に於ける永遠の課題であり敵…カビ、そしてダニです。

脚付きのソファは下に空間ができるため通気性が高く、床材にもソファにも嬉しいメリットがございます。一方、直置きタイプのフロアソファは湿気がこもりやすく、長い間置きっぱなしにしているとカビやダニが発生することも。

対策としては、定期的に風通しのいいところにソファを立てかけて、ソファとソファを置いている床材を換気してあげることです。ソファの張り地が紫外線により劣化する恐れもあるため、日の当たる場所に放置しすぎないよう気を付けましょう。掃除の度にソファを少し持ち上げるだけでも、カビ・ダニの予防が期待でき、早期発見にも繋がります。

また、畳の上にラグやカーペットを敷くとカビやダニの温床になるという恐れも。使用環境には十分気を付けて、定期的なメンテナンスをしっかりと。長くおくつろぎいただくためにも、人はもちろん、床材にもソファにもやさしい暮らしを送りましょう。

Modern Lifestyle and Washitsu.

現代のライフスタイルと和室のこと

減少?進化?和室と日本の住宅の今とこれから

私が生まれ育ったマンションは全体的には決して広いとは言えないものの、ふすまで仕切るタイプの和室が二部屋備わっていました。そのうちの一つを自分の部屋として割り当てられていたものの、「狭く感じるから」という理由でふすまは常に解放。就寝時は布団を川の字に並べ、思春期の娘は父のいびきに悩み、父は部屋に張り巡らされたアイドルのポスターに悩み、プライベートも何もあったもんじゃない空間でした。

周りにも同じような間取りのマンションが多く、同じような暮らしを送っていた友人がたくさんいたように記憶しています。

その後引越しをして、私は晴れて洋室の部屋をゲット。和室は両親の寝室として一部屋だけ。さらにその後、かつて住んでいた家をオフィスとして使えるようにリフォームし、壁をぶち抜き床はフローリングに、和室はごろごろスペースとして4畳半だけ残して。仕切りにはロールカーテン、畳は昔ながらの縁ありから縁のない琉球畳になりました。

一つの家族と家の歴史をとってみても、目まぐるしく変化しているここ30年の和室事情。最近では、新築のマンションには和室が無かったり、リノベーションの際に和室を潰したり、減少どころか消滅の一途を辿っている話も耳にします。

新しいかたちで愛され始める、畳ぐらし

その一方で「畳リビング」という新しい考え方も生まれ始めています。ダイニングルームのすぐそばに畳の小上がりを作り、その上にローソファとTVを置いてみんなが和める空間に。ダイニングテーブルに着いて座る人と、畳リビングでくつろぐ人、目線が揃うのも大きなポイントです。

ソファを置いて「畳リビング」に。
写真:ローソファのある暮らしの探訪記 横浜市・あすなろ建築工房さん

リビングとまではいかないけれど、ちょっと休憩できる場所として、もしくは赤ちゃんや子供と過ごすスペースとして、家を建てる際に小上がりの畳スペースを作るケースが増えていきています。小上がりになっていることで、ふすまや障子などで区切らずとも違う空間として認識できる。一段上がるという行為を経ることで、気持ちの切り替えができて全力でくつろげる。物理的に空間を仕切らないまま、見た目にも心にも「境界線」をつくることができます。

ソファを置いて「畳リビング」に。

家に和室が無いのなら

置き畳を置けば、洋室にも気軽に和の雰囲気を取り入れることができます。調湿・断熱効果に優れている国産い草製のものを選べば、夏はさらりと涼やかに、冬は足元を暖かく。クッション性が高く防音効果もあるため、キッズスペースにもぴったりです。

置き畳とローソファも相性抜群

当店で取り扱いの置き畳「OKI TATAMO!」は洋のインテリアに合わせやすいようにデザインされていて、カラーディレクション、染色、ともに専門家の手で行われています。サイズも形も様々だからお部屋に合わせて自由に組み替えられるのも嬉しい。工具は不要、置くだけで完成。調湿機能の高い国産い草で製作されているため、夏はさらりと冬は暖かく過ごせます。

ライフスタイルが変わるにつれて、家も新しい形を手に入れていく。それに伴い、和室や畳もただ減少するのではなく、新しい形をしっかりと手に入れて今のライフスタイルに浸透し始めています。

OKI TATAMO!の詳細・販売ページ

Harmony of Washitsu and Lowsofa.

和と洋が手を繋ぐと暮らしが豊かになる

これまでたくさんの視点から和室とローソファの関係を紐解いていきました。もしも家に静かに眠っている和室があるとしたら、そっと目覚めさせてあげてください。人が暮らし始めると、部屋にはたちまち空気が通り、温度が生まれ、いきいきとし始め、暮らす人をもいきいきとさせてくれます。

和室とローソファのいい関係。

「和室にローソファを置きたいけどイメージが湧かない」
「和と洋が混在するおかしな部屋になってしまうのでは?」
「自宅に置くにはどんなソファがいいのか分からない」

もしもそんな疑問や懸念がございましたら、当店ではコーディネートのご相談も承っておりますので、どうぞお気軽にご相談くださいませ。和室で過ごすもっといい時間を、ご提案できれば幸いです。

和室や畳にオススメのローソファ

HAREM ONLINE SHOP

ソファの種類、サイズ、価格、可能な生地など、当店の取り扱う商品の詳細情報を掲載しています。ウィンドウショッピング感覚でお越しくださいませ!もちろん、ネットでのご注文も24時間受け付けております。

HAREM ONLINE SHOP

カタログ、生地サンプルのお取り寄せ

ローソファ専門店HAREMではカタログ、スタイルブック、生地サンプルの無料送付も行なっております。
HAREMの雰囲気が伝わるような内容となっておりますので、ソファの種類を知りたい方、床暮らしとは何ぞ?という方、生地にお悩みの方、どなたでもお気軽にお取り寄せくださいませ!

カタログのお取り寄せ
生地サンプルのお取り寄せ

カタログ画像

お問い合わせ

ご注文について、ソファについて、お部屋との相性について…疑問はたくさん生まれてきます。モヤッとしたままのお買い物は、購入後も、ソファが届いてからも、どこか不安が残るもの。どうぞ、お問い合わせにてご質問くださいませ。当店のフロアライフアドバイザーが対応させていただきます。

お問い合わせ

ローソファ専門店HAREM ショールーム

実際に当店のローソファをご体感いただけるショールームが、東京・中目黒と大阪・堺にございます。フロアライフアドバイザーもおりますので、家やソファに関する悩み事などがあれば、どうぞご相談くださいませ。

ローソファ専門店HAREM ショールーム

ローソファー専門店の東京ショールーム

2泊3日、お家でローソファを試せる「おためしソファ」

ショールームより遠方にお住まいの方、お仕事や子育てでご多忙の方のために、レンタルソファサービスを行なっております。一部ソファ・小さなサイズではございますが、座り心地や奥行きのサイズ感は十分お試しいただけます。
有料サービス(¥5,000-)ではございますが、その後ソファをご注文いただいた際はレンタル料金をご返金。詳細は下記ページをご覧ください。

お家でローソファを試せる「おためしソファ」

おためしソファについて
おすすめの記事