ローソファー・フロアソファ専門店 HAREMのブログ【公式】
menu

つみきソファの新しい仲間、商品開発中!

試作の森

つみきソファにまた、また新たな仲間が増えようとしています。
デビュー当初は座面と背もたれだけのどシンプルなデザイン・仕組みだったこのソファですが、

「壁付けでなくても使えるようにしたいよ!」
「サポートフレーム~」
「2台つなげてコーナー設置したいよ!」
「コーナーパーツ~」
「背もたれに高さがもっと欲しいよ!」
「ヘッドレストかハイバック背クッション~」

と、ドラえもん的な感じで、お客様からのご要望に応えてどんどんオプショングッズが開発されていきました。

 

いつの間にやら子だくさんに!

そこにまだ増えますよ。増えちゃうんだから!というお知らせ。商品開発の流れをプロジェクトXを意識して時系列でご説明します。

 

2019年4月 のっぽなスタッフ・M氏が気付いたこと

アームクッションってあなた…肘掛にしちゃでかいだろう」というおツッコミを頂きそうなアームクッションL(上写真:黄色の四角いクッション / 45×50cm)。ソファの前に置いて、オットマンとしてのご使用をオススメしております。もはや「アーム」とは言えない。

しかし身長180cm以上の男性スタッフことM氏にとっては、オットマンとして使うには小さく、少し頼りない気がしてました。
「もっと大きなオットマンがあればなぁ」
早速、福井にあるつみきソファの工場に行き、営業担当者に相談します。


四角いのはもちろんとして(60×75cm)、丸いオットマン(直径65cm)があっても積み木っぽくてかわいいよね!

 

2019年6月 インナーカバー問題

話を詰めていくに伴い、「インナーカバー問題」浮上します。

説明しよう!
インナーカバーとは名前のまま、ソファの内側にかけるカバー。
ウレタンとソファカバーの間に一枚挟むことにより、ウレタンとカバーの摩擦を軽減させて両方を保護しているんだ!
> インナーカバーについて

インナーカバーを無しにすれば、当然お安く提供できる。足を置くだけなら重みも摩擦もそんなに無いんじゃない?インナーカバーいらなくない?と当初は考えていましたが、ソファ工場の方や弊社スタッフの中から「こんだけ大きかったら座面の一部として、日常的に座ると思う!」との声が上がり、M氏は決めます。

「ロングライフ」を謳うつみきソファの家族なんだから、思いっきりごろごろ使えて、できるだけ長く使える方がいいよね!よってインナーカバー有りに決定

 

2019年7月 試作品が大阪ショールームに到着!


アームクッションLと並べてみる。でかいな!
つみきソファW1400mm(二人掛け)と合わせてるから余計に大きく感じるのかもしれない。

 


身長164cmのスタッフが座ってみる。
丸い方は「ソファとオットマンの間に隙間が出来てくつろぎにくいのでは?」と懸念の声も上がっていましたが、座ってみると全然気にならなかった。クリア!

 


身長156cmのスタッフがスツールとして使ってみる。ま、私なんですけど。
これだけ大きいと安定感があって疲れにくそう。テーブルを挟んでソファと対面に置いたら、友達と延々とおしゃべりできちゃいそうだな~とか、小さな子供が何人かで座ってたら絶対かわいな~とか、いざ座ってみるとオットマンとして以上にスツールとしての使用イメージが広がる広がる。

オットマンの開発として始まったけど、オットマンに限定するよりスツールと名乗った方が可能性が広がるのでは??

 

2019年7月末 仕様が確定!さらなる試作を待つ…

東京ショールームにて試作品の展示を開始。
商品名は「つみきスツール しかく / まる」に決定!

「しかく」は試作段階の75×60cmから、少し小さくして70×60cmに。
「まる」は試作段階の直径65cmから、こちらも少し小さく直径60cmに。
再度工場に試作を依頼しているのが、今!NOW!です。

サイズ、仕様、名前も確定したので、8月中にはまずは店頭から販売を開始したいところ。
~ to be continued… ~
って感じなので、また販売開始次第、追って報告いたします!

〈2019.9 続報〉
店頭のみ販売開始!現在は東京ショールームのみで展示しております。

試作の森