ショールーム案内
和室とローソファ
和室とローソファ

- FEATURE -

ペットとローソファ

人にとってちょうどいい高さのソファも、ペットにしてみれば巨大なアスレチック。
高所からのジャンプを日々繰り返すことで、足腰に大きな負担がかかってきます。

それでも、飼い主さんがくつろいでいる側にいたい。
飼い主さんも、ペットと一緒にソファの上でくつろぎたい。

そんなご家庭にはローソファがおすすめです!
こちらのページでは、ペットと人に優しいソファの選び方をご紹介します。

愛犬のヘルニア・骨折予防に

犬と人の暮らしに合うローソファを。

犬と人の暮らしに合うローソファ

床の延長のように使える、低いソファ

ヘルニアや骨折を患ってしまったワンちゃん、足腰の病気やケガを患いやすい犬種、小型犬、高齢のワンちゃんと暮らすご家庭には、座面の高さ12cmのローソファがおすすめです。

犬と人の暮らしに合うローソファ

これだけ低いと、ソファは飛び乗ったり飛び降りたりする物ではなく、歩いて上ったり下りたりする物に。高所からのジャンプの回数を減らすことで、足腰への負担が軽減され、病気やケガになってしまうリスクを減らすことができます。

座面の高さ12cm以下のローソファ一覧
写真:ピカソソファ
写真下:フロフロ

もう少し高さが欲しい場合の、ローソファ

ソファの高さは好みが分かれるもの。ペットに合わせて低いソファを選びつつ、飼い主としてはもう少し高さが欲しい!のであれば、座面の高さ20cm~30cmのローソファがおすすめです。

犬と人の暮らしに合うローソファ

そこそこ高さがありつつ、一般のソファに比べれば座面は低め。中型犬や大型犬のわんちゃんなら、無理せずソファに上り下りできます。

座面の高さ21cm以上のローソファ一覧
写真:つみきソファ
写真下:アルバソファ

犬と人の暮らしに合うローソファ
犬と人の暮らしに合うローソファ

低さも高さも叶えるための、ローソファ

ソファの一部だけ高さを変えられるシステムローソファもございます。上記写真は座クッションを下ろして2段階の高さでくつろげるパルフィソファ

犬と人の暮らしに合うローソファ

また、ピカソソファスキップ1ミニソファはオプショングッズを追加することで、ソファの一部だけ高さを付けることができます。ただし、元気なわんちゃんほど高い方に上りたがるのでご注意を。

高さの変更 / 選択が可能なローソファ一覧
写真:パルフィソファ
写真下:スキップ1ミニソファ

オプショングッズで段差をなくそう

わんこのための「スロープクッション」

つみきソファのオプショングッズ「スロープクッション」は、犬が足腰に負担をかけずにソファに上れるようにと開発された商品。つみきソファの座面の高さ(20cm)に合わせて製作されていますが、他のソファと合わせてもスロープとしての役割を果たしてくれます。

人にとっては、足を置くオットマンとしてもちょうどいい。ペットと暮らしている方以外にもご好評をいただいているオプショングッズです。

スロープクッション詳細
写真:つみきソファ

犬と人の暮らしに合うローソファ

ソファだけでなく、床材も考えよう

わんこの足にやさしい床材に

わんこの足にやさしい床材に。

「チャッチャッチャ」と音を鳴らし、フローリングの上を勢いよく走るワンちゃん。その姿も愛らしくはありますが、硬い床材の上を走ったり滑ったりを繰り返すと足腰に負担がかかり、病気やケガの原因になる恐れがございます。

カーペットやクッションフロアなど、愛犬の足に優しい床材は色々ございますが、一番気楽に始められるタイルカーペットがおすすめです。
水洗いできるものであれば汚れた部分だけ剥がして洗えて、一枚単位で交換が可能。衝撃を吸収するため防音効果も期待できます。タイルカーペットを選ぶ際は、犬の足の爪が引っかからないようパイル生地は避けましょう。

HAREM大阪ショールームでは店頭限定でタイルカーペットを展示&販売しております。ご来店の際はぜひスタッフまでお声がけくださいませ。
※ 東京ショールームは現在展示準備中です!

HAREM ショールーム詳細(大阪・堺 / 東京・中目黒)
写真:スキップ1ミニソファ

猫の爪とぎ、犬のホリホリ対策

引っかきに強い生地を選ぶ

猫の爪とぎ、犬のホリホリ対策

ペットのいるご家庭に人気の生地「ラムース」

猫ちゃんの爪とぎ&ワンちゃんのホリホリ。日々繰り返されたソファは年月を経て、生地は破れ、中綿は飛び出し、中材はむき出し、無残な姿になることも…。同じ悲しみを繰り返さないためにも、ソファの生地選びは重要です。

「ラムース」は超極細繊維で緻密に織られているため、ペットの爪が入らず、引っかきにもホリホリにも強い生地です。初期撥水加工&水洗い可能なためメンテナンスしやすく、スエード調で触り心地が良い特長も。

ペットの抜け毛が気になる方には、目立ちにくいカラーの「メランジグレー」「メランジブラウン」がおすすめです。

引っかきに強い生地「ラムース」詳細
写真:つみきソファ

ソファカバーをかける

「ラムース」で製作した専用のオーバーカバーも

一目惚れした生地があっても、汚れたりボロボロになるのが心配で選べない。そんな葛藤の際は、ソファにお気に入りの生地を張って、カバーを被せて使用するのも1つの手です。

水洗いできるものならメンテナンスしやすく、季節や気分で模様替えも楽しい。来客時にはオーバーカバーを外して、お気に入りの生地を見せることも。

つみきソファスキップ1ミニソファには、引っかきに強く水洗い可能な生地「ラムース」で製作した専用のソファカバー(商品名:エプロンカバー)がございます。

引っかきに強い生地「ラムース」詳細
つみきソファ エプロンカバー詳細

猫の爪とぎ、犬のホリホリ対策

交換できるカバーで、より安心。

猫の爪とぎ、犬のホリホリ対策

「カバーリングタイプ」と「張り込みタイプ」

いかに引っかきに強い生地を選べど、猫ちゃんやワンちゃんの根気次第では破れます。そういう時のために、カバーが交換できるタイプのソファを選びましょう。

HAREMのソファはほとんどがカバーを交換できるカバーリングタイプです。張り込みタイプと記載のあるソファはカバーの交換ができません。その一方で、価格を押さえられたり、カバーリングタイプより生地がパンっと張るので仕上がりが美しいメリットもあります。

どちらも良し悪しはございますが、生地がボロボロになってもソファは使い続けられるよう、ペットと暮らす方にはカバーリングタイプのソファを推奨しています。

カバーリングタイプのローソファ一覧

愛犬と一緒にローソファを試せるイベント

お客様のソファのある暮らし

ペットにおすすめ!HAREMのローソファ

スキップ1ミニソファ

スキップ1ミニソファ

愛犬の足腰にやさしい座面の高さ4cm。40年前に誕生したロングセラー商品です。

ピカソソファ

ピカソソファ

座面の高さ12cm。木枠が入っているため安定感があり、座り心地もしっかりめです。

フロフロ

フロフロ

座面の高さ10cm。座面ひろびろで、家族とわんちゃんがくつろぐのにぴったり!

つみきソファ

つみきソファ

座面の高さ20cm。スロープクッションなど、犬にやさしいオプショングッズも。

ロハスソファ

ロハスソファ

座面の高さ22cmで、付属の木脚を付ければ32cmに。シーンに合わせて気軽に高さが変えられます。

アルバソファ

アルバソファ

座面の高さ24cm。そこそこ高さが欲しい…でも愛犬のために低さも大事…という方に人気です!

〈コラム〉ソファ選びの参考に