メニュー画像
アルバソファー

アルバソファ

本物の贅沢は、家で味わうのがいい。

アルバソファは老舗ソファ工場がお届けする「いいもの」です。
お洒落なデザインにゆったりとした座面、
そして使うほどにコクが深くなる足元のウォールナット。だけではない。
目には見えない中の構造には、職人たちの知恵と技術がぎっしりと詰まっています。
どうぞ、毎日、この上で。贅沢時間をお過ごしくださいませ。

アルバソファのウォールナット無垢材

ウォールナット無垢材使用

アルバソファの本革張り

本革での製作可

アルバソファの脚の高さを調節

オプションで高さの変更可

アルバソファのフェザー背クッション

動かせるクッション

アルバソファのカウチタイプ

カウチソファとしても

アルバソファについて
アルバソファについて

いい大人には、いいソファを。

低く、広くどっしりと構えた座面は、両足を上げても家族で座ってもゆとりがある。
背もたれのクッションを下ろして、こちらも低く広い肘掛にクッションをかけて枕にして、寝そべれば始まる至福のくつろぎ。
忙しい人にこそ、ここにたっぷり時間をかけて欲しい。
豊かな瞬間を重ねて、特別な毎日をつくるソファです。

座面が広く、横幅は最大で2240mm。ソファはサイズが大きくなるにつれ圧迫感が増しますが、
アルバソファは背の低さとシンプルなデザインゆえ、存在感は残しつつすっきりとした印象に。
座った後だけではなく座る前の数秒も贅沢を感じられるよう、前後左右、四方から見る美しさにもこだわっています。

「低さ」「広さ」発、「ゆったり」着。

開発時のコンセプトは「低く広い座面でゆったりとくつろげるもの」。
そこにデザイナーの「無垢材ベースのソファを作りたい」という想いが重なり、デザイン作業が始まりました。

当初は4つの木脚が付いていましたが、よりフロアライフに特化するため木脚を取り、床、ベース、ソファが調和する今のデザインに。
木脚もオプション商品として健在なので、元来のスッキリ見せるデザインも楽しめます。
この「低く」「広い」、言葉にするとたった2つですが、
これを実現するにはデザイナーと職人たちの知恵の結集と試行錯誤の繰り返しが必要でした。

こだわりにこだわりを重ねた素材と構造

形にこだわったのなら、中の構造もそれに相応しいものでありたい。まずは座面。
ソファの座り心地を左右するテンション材には、ウェービングテープを通常より複雑な工程となる「格子張り」にし、
しっかりとした座り心地は元より、どこに座っても同じ張り具合が感じられるよう工夫しました。
その上には、安定感とリラックス感を同時に味わえるよう、弾力性の高いウレタンと肌あたり柔らかなウレタンを組み合わせています。

ベースとなる無垢材には耐久性の高いウォールナットを。使うほどに味わいが増す、家具としてもとても人気の高い木材です。
移動可能な背もたれのクッションは、フェザー(羽根)の内側にウレタンを入れる事で型崩れしにくく。
長く、心地よく使われ続けることを願って。こだわりが幾重にも重なり、アルバソファは完成しました。

アルバソファのご注文や詳細へ
アルバソファのご注文や詳細へ
価格/注文やソファの詳細

アルバソファの使用イメージやお写真/構造やデザイン、価格/注文、ソファの生地カラーをご確認いただけます。

Online shop
価格表 / 注文

アルバソファの価格の確認、商品のご注文はこちら。

価格表 / 注文へ
使用イメージや写真
イメージ / 詳細

アルバソファの使用イメージや写真、ソファの詳細はこちら。

イメージ / 詳細へ
選べる生地
生地一覧 / カラー

アルバソファの選べる生地/カラーはこちらでご覧いただけます。

生地一覧 / カラーへ
アルバソファお客様の床暮らし
アルバソファお客様の床暮らし
アルバソファのある暮らし

アルバソファで新しくローソファのある暮らしや床暮らしを始められた、たくさんの方からお声やお写真をいただきました。

  • 鳥取県 I様

    シンプルなデザインですがモダンな印象も気に入りました。

    座面が広く、少し硬めの座り心地は 寝ころぶのも立ちあがるのも大変楽。

  • 茨城県 I様

    しっかりとした座り心地で座りやすいです。

    猫が走り回ってもカバーがしっかりしていて、毛羽立つ事もなさそうです。ソファの高さもちょうど良いです。

  • 東京都 I様

    まるで、以前からそこにあったかのような馴染み具合です。

    家族全員誰が横になっても、足を伸ばしてリラックスすることができます。座面は硬過ぎず柔らか過ぎず、長く座っていても疲れません。