ショールーム案内

オイルフィニッシュの
お手入れ

オイルフィニッシュのソファ木部のお手入れ

木そのものの風合いを活かし、より自然な木目や質感を楽しめる仕上げ方法です。
植物性オイルを使用しており、水分を吸収するためシミや汚れがつきやすく、日焼けもしやすいデメリットもありますが、使い込むほどに味わい深くなっていきます。
またオイルフィニッシュの家具は、自分でメンテナンスをすることもできるので、より長くご愛用いただけます。

無垢材(オイルフィニッシュ)のお手入れ説明書

対象商品:カーヤソファアルバソファローサイドテーブル、ユニゾンソファ(販売終了)、デニッシュソファ(販売終了)

日常のお手入れ

日常のお手入れは、やわらかい乾いた布で乾拭きをしてください。
水拭きをすると水分の蒸発時に木の繊維が持ち上がり、表面にかさつきが生じる可能性がございます。なるべく乾拭きにてお手入れください。
濡らした布で拭く際は、布をしっかりと絞り、必ずその後に乾拭きをして家具に水分が残らないようにしてください。
※ ワックスや化学ぞうきん、消しゴムなどのご使用は表面のくもりの原因になるため、使用しないでください。

オイルメンテナンス

傷や汚れが目立った場合はもちろん、よりながくご愛用いただけるように定期的なメンテナンスがおすすめです。

表面のかさつきを防ぐために、1年に1回程度を目安にオイルを塗布するのがおすすめ。
木に油分を補充してあげることで、かさつきを防ぎ、より深みのある風合いになります。

また、シミや汚れが気になった時は5年に1回程度で表面の研磨&オイルを塗り込むのをおすすめします。
研磨することによって表面のキズやシミもきれいになり、再びきれいな木目が楽しめます。
※ 深いキズや、染み込んだ汚れはなくならない場合もあります。

ウレタン塗装のお手入れ

ウレタン塗装のソファ木部のお手入れ

ウレタン塗料で仕上げ、表面をコーティングしています。水分を吸収せずシミが残りにくく、お手入れが比較的簡単な仕上げ方法です。
※ 水分や汚れを放置した場合、シミや汚れが残る場合もあります。水分や汚れはすぐに拭き取ってください。

無垢材(ウレタン塗装)の取扱説明書

対象商品:プレートソファmiiこたつmiiテーブル

日常のお手入れ

表面をコーティングしているため、日常のお手入れはやわらかい布等で乾拭きをしてください。硬い布でホコリごと木部を擦ってしまうと、細かい傷ができ劣化の原因となります。
軽い水汚れなどは、乾拭きで拭き取ってください。

汚れがひどい場合

汚れがひどい場合は、3%程度に薄めた中性洗剤液を浸した布で汚れを落とします。その後、洗剤のついていない濡らしてかたく絞った布で洗剤をよく拭き取ってください。最後に乾いた布で乾拭きをし、自然乾燥させてください。

※ サンドペーパーなどでの研磨を行うと表面の塗装が剥がれてしまい、コーティングの塗り直しが必要となってしまいますのでご注意ください。
※ ワックスや化学ぞうきん、消しゴムなどのご使用は表面のくもりの原因になるため、使用しないでください。

ウレタン塗装の商品は、オイル等での定期的なメンテナンスは必要ありません。
大きな傷や汚れがついた際は、工場での再研磨・再塗装等が必要となります。ご希望の際はお見積りいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
※ 仕様上、再塗装の受付ができない場合もございます。予めご了承ください。

ガラスコーティングの
お手入れ

ガラスコーティングのソファ木部のお手入れ

自然塗料のガラス含浸塗料で仕上げています。木の風合いを活かした自然塗料のような仕上がりながら、汚れに強いのが特徴です。
※ 水には弱く濡れたものを放置してしまうと表面が濁ってしまう場合があります。濡れたタオルなどを放置しないようご注意ください。

つみきの木(ガラスコーティング塗装)の取扱説明書

対象商品:つみきの木

日常のお手入れ

表面をコーティングしているため、日常のお手入れはやわらかい布等で乾拭きをしてください。硬い布でホコリごと木部を擦ってしまうと、細かい傷ができ劣化の原因となります。
軽い汚れなどには、蒸しタオルをかたく絞り汚れを拭き取った後、水分が残らないように乾拭きしてください。

汚れがひどい場合

汚れがひどい場合は、3%程度に薄めた中性洗剤液を浸した布で汚れを落とします。その後、洗剤のついていない濡らしてかたく絞った布で洗剤をよく拭き取ってください。最後に乾いた布で乾拭きをし、自然乾燥させてください。

※ サンドペーパーなどでの研磨を行うと表面の塗装が剥がれてしまい、コーティングの塗り直しが必要となってしまいますのでご注意ください。
※ ワックスや化学ぞうきん、消しゴムなどのご使用は表面のくもりの原因になるため、使用しないでください。

大きな傷や汚れがついた際は、工場での再研磨・再塗装等が必要となります。ご希望の際はお見積りいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
※ 仕様上、再塗装の受付ができない場合もございます。予めご了承ください。