ショールーム案内

コラム

搬入経路のチェックポイント
搬入経路のチェックポイント
搬入経路のチェックポイント

ソファと置きたい場所のサイズを確認して、購入して、いざ搬入!
してみれば、ソファが通路や扉を通らない…

という事にならないように、搬入経路のサイズは事前にしっかりチェックしておきましょう!

01
ソファのサイズと梱包サイズをチェック

ソファの梱包サイズを考慮し、搬入経路のサイズをご確認ください。梱包により搬入不可能な場合、玄関先で開梱させていただく事がございます。

およその梱包サイズ

幅(W) … ソファのサイズ+3~10cm
高さ(H) … ソファのサイズ+5cm
奥行き(D) … ソファのサイズ+5cm

上記は参考サイズとなります。ご注文商品ごとの梱包サイズはスタッフまでお問い合わせください。

02
階段のサイズをチェック

画像を参照に、A~Hのサイズとソファ/梱包サイズを照らし合わせて、搬入可能なルートかご確認ください。

1.大きなソファは階段の踊り場で曲がりきれない恐れがございます。曲がり角の対角線の幅もしっかり確認しておきましょう。(図の矢印C)
2.らせん階段か直線階段かで搬入の方法・難易度が異なります。らせん階段の場合は予めスタッフまでお伝えくださいませ。
3.戸建の場合は玄関先の階段もご確認ください。
4.手すりがある場合は一番狭い幅を測りましょう。

階段やエレベーターの使用ができない場合は、吊り上げ・吊り下げにてバルコニーや窓から搬入する方法がございます。判断しがたい場合は下見サービス(有料)も承っております。スタッフまでお問い合わせくださいませ。

03
エレベーターのサイズをチェック

画像を参照に、A~Gのサイズとソファ/梱包サイズを照らし合わせて、搬入可能なルートかご確認ください。

1.エントランスからエレベーターまでの搬入経路もご確認ください。(図の矢印A)
2.エレベーター内の幅・高さ・奥行きはもちろん、出入り口の幅と高さもしっかり確認を。(C〜G)
3.エレベーターの出入り口前のスペースも確認。(B)
4.ソファのほか、作業員が2人乗る余裕があるかも確認!
5.納品する階層の通路幅も確認しましょう。エレベーターに乗せたものの、下ろすことが出来ない恐れもございます。
6.手すりがある場合は一番狭い幅を測りましょう。

04
玄関・扉のサイズをチェック

画像を参照に、A~Dのサイズとソファ/梱包サイズを照らし合わせて、搬入可能なルートかご確認ください。

1.扉の開閉方向により搬入できない場合も。予めご確認くださいませ。
2.ドアノブが障害となり搬入できない場合がございます。チェック時には一番狭い幅を測りましょう。(図の矢印C)

ドアを一度取り外すと、ネジの緩みなどで後の暮らしに影響を及ぼす可能性がございます。配達員は作業できかねますので、予めご了承くださいませ。

05
廊下や通路のサイズをチェック

画像を参照に、A~Gのサイズとソファ/梱包サイズを照らし合わせて、搬入可能なルートかご確認ください。

1.曲がり角がある場合、ソファ/梱包サイズと通路幅によっては搬入できない可能性がございます。曲がり角の対角線の幅もご確認くださいませ。(図の矢印C)

大きな段ボールを抱えた状態での視界は非常に狭くなります。搬入時、廊下や通路、壁面に破損の恐れのある絵画や物を置かないようご協力願います。