ショールーム案内

ソファの選び方

ソファの選び方

ソファの選び方

HAREMのローソファたちは個性豊か。
とにかく座面が低いものや、高さを変更できるもの、うたた寝しやすいものも!
家や家族の理想に合ったソファを見つけていただけるよう、 ソファの選び方のポイントをご紹介します。

サイズを決める

何人でくつろぐ?幅のこと

一般的に、一人がすとんと座るのに約600mmの幅が必要だと言われています。
それを基準に、座る人数やそれぞれの体型、理想の座り方を考慮して、ソファに必要な幅を考えましょう。

一人掛け(W570〜1000mm)

つみきソファW900mm / 身長157cm
アームクッションMを置く余裕があります。一人暮らしでTVを見たりくつろぐには十分なサイズ。

二人掛け(W1100〜1600mm)

つみきソファW1400mm / 左から身長157cm、183cm
間にアームクッションSを置く余裕があります。

三人掛け(W1700〜2000mm)

つみきソファW1800mm / 左から身長183cm、157cm、164cm
大人三人が座って、隣との距離が気にならない広さ。

どんな風にくつろぐ?奥行きのこと

ごろ寝したい

HAREMの中で一番コンパクトなソファはロハスソファで、奥行きは750mm。女性スタッフもお昼休憩のうたた寝に利用しています。体型にもよりますが、奥行き900mm以上あれば男性もゆったり寝転がれます。

足を上げてくつろぎたい

あぐら、横座り、いずれにおいても、ソファに足を上げてくつろぐならなるべく奥行きのあるソファを選びましょう!

きれいな姿勢で座りたい

だらっとせずシャンとした姿勢でソファに座るなら、奥行きは控えめで、座面は高め、座面・背もたれが硬めがいい。座った姿勢をきれいに見せてくれるマルーンソファがオススメです。

誰がくつろぐ?高さのこと

NORTH LAND DESIGNS.Inc

赤ちゃんや小さな子供のいるご家庭に

ソファの上で赤ちゃんがずりばいしたり子供たちが走り回ったりすると、ソファから転落してケガを負う恐れがあります。ローソファなら高低差が少なくちょっと安心。ウレタンのみで出来ているソファであれば、ぶつけて痛いところがないのでもっと安心です!
【コラム】赤ちゃんと子供とローソファ

NORTH LAND DESIGNS.Inc

愛犬との暮らしに

ワンちゃんにとってソファの座面は危険な高所。そこからのジャンプを繰り返すことでヘルニアや骨折を患う原因になり得ます。ローソファだと上り下りが簡単で、ケガや病気のリスクの軽減が期待できます。
【特集】ペットとローソファ

足腰を痛めている場合

ソファの座面の高さが床に近ければ近いほど、立ち上がり時に踏ん張りが必要になります。足腰を痛めている方は立ち上がりに無理のない高さのソファを選んだり、体が沈み込みにくい座面がしっかり固めのソファを選ぶようにしましょう。
アームクッションに手を置いて立ち上がると、力みが分散されて立ち上がりやすくなりますよ。

いろんな世代で一緒に住んでいる

赤ちゃんも足腰を痛めやすい年輩の方も、色んな人が住む三世代住宅ともなれば、ソファ選びは大変です!が、スキップ1ミニソファやピカソソファはオプション商品(ベースマット/ウッドベース)でソファの一部に高さを追加できるので、家族それぞれのくつろぎに合った高さでくつろげます。

理想のソファが決まったら

置きたい場所のサイズを確認する

NORTH LAND DESIGNS.Inc

ソファなどの大きな家具は、お店で見た時よりも家に置いた方が随分と大きく見えがちです。目が慣れてきてちょうどいいサイズに思えてくる…というのも多々ある話。けれど、そもそもソファが置けなければにっちもさっちもいきません。

理想の場所に理想のソファが置けるように、場所のサイズは予めしっかりと測りましょう。幅はもちろん、奥行きや高さも測り、ソファの存在感をイメージしたり家具の動線を考慮するのも大事です。「思ってたのと違う」にならないように、しっかりと準備してソファを迎えましょう!


サイズを見る際のポイント
1.コンセント部分を避けて測る。
2.窓を塞ぐ位置に置くなら、なるべく背が低いソファを。

搬入経路を確認する

NORTH LAND DESIGNS.Inc

理想の場所に理想のソファを置ける!けれど、部屋にソファが入らない…という恐ろしいケースも実際に起こり得ます。

階段やエレベーターに収まらなければ吊り上げで外から搬入することも可能ですが、3階以上の階数となると対応が出来ません。

ライフスタイルで選ぶ

ソファの上でどう過ごす?

ソファに座って食事する

1.思いっきり低い座面高4cm~12cm:◎
座イスや座布団に近い感覚。食後はそのままもたれて「ふ〜」ができます。

2.座面高20cm前後:△
膝がジャマになるためソファに座っての食事は向きません。
食事の時はソファ前の床に座って座卓で食べて、食後は後ろに水平移動してソファに座って「ふ〜」が出来ます。

3.ちょっと高めの座面高30cm:◯
テーブルの高さが57〜60cmであれば食事しやすい! しかしこの高さのテーブルがあまり無いかも…?お探しいただくか、高さ可変のものか、特注かDIYになるかもです…。

ごろんと、うたた寝する

1.ソファを二台置く
一台のソファに大人一人がごろんと寝転がると、他の人が座れなくなります。ごろ寝前提でソファを選ぶ際は、家族間で場所取り合戦が起こらぬようソファを二台設置するのがベターです。

ごろ寝好きの家族の身長、ソファの幅・奥行き・形状もチェックしましょう。HAREMのソファは座面が奥行きが深いデザインが多いので寝転びやすいですよ。

2.座面の高さ4cmのソファにする
4cmともなれば床との高低差はほとんど感じません。
冬になれば、胸から上はソファに預けて体はすっぽりこたつに収めて、ほっこりぬくぬくスタイルでくつろげます。

みんなでおしゃべりする

1.コーナー配置でわいわい
リビングが大事なコミュニケーションスペースですが、人数が多いとダイニングチームとリビングチームに分かれてしまいがちです。
みんなで会話するにはそれぞれの顔が見えるような配置が大事。ソファはひろびろコーナーで配置して、おしゃべりに花を咲かせましょう!

2.一台ずつのソファで、とにかく自由に。
スキップ1ミニソファやピカソソファのようなL型・I型一台ずつのソファなら、一般的なソファよりも比較的楽に移動ができます。
普段は一列にまっすぐ、もしくはコーナーで配置しているけど、来客時には写真のように向かい合ってソファを配置することも。みんなで輪になりやすいので、トランプやジェンガなどのゲームでも盛り上がれます。

床暮らしにローソファ

和室にローソファでのんびり

和室+ローソファは、和モダンでオシャレな部屋が作りやすい組み合わせです。 和室とローソファの合わせ方や、注意点、向いているソファのタイプについて、コラム「和室とローソファーのいい関係」でじっくりとご紹介しています。

【コラム】和室とローソファーのいい関係

こたつとローソファでまったり

こたつに足を入れて、体はソファにふんわりと預けて、冬の至高のくつろぎ姿勢の完成です。 こたつと合わせやすいソファの高さについては、「こたつとローソファ」特集ページにて紹介しています。

【特集】こたつとローソファ

デザイン・構造で選ぶ

シンプル・フラットデザイン

肘掛けがないシンプルでフラットなデザインのソファは、生地やオプショングッズで表情ががらりと変わります。シンプルでお洒落なインテリアが好き、ソファの存在感を抑えたい、家の個性をソファに足したい方におすすめです。

木を使ったデザイン

脚や枠、背板に木を取り入れたデザインのソファも多数取り扱っています。木のぬくもりならオーク、高級感やかっこよさならウォールナット、など、木材によって印象も大きく異なります。お部屋に合うものをお選びください。

カウチタイプのローソファ

足を伸ばせるため、ソファでのくつろぎ度が一気に増します。座面の組み替えでソファ+オットマンとしても使えるソファも人気。カウチタイプでないソファも、オットマンやアームクッションLなどのオプショングッズを合わせてカウチ風にくつろげます!

高さの変更が可能

木脚、ウッドフレーム、ベースマットの追加で高さを変更できるソファがございます。木脚は最初から付くソファとオプショングッズで買い足すソファの二種類。季節やシーンで高さを変更できるのは嬉しいポイントです。

カバーリング対応

カバーを取り外して、水洗いやクリーニングに出すことができるソファです(※ソファや生地によりメンテナンスの注意点が異なります)。カバーリング対応でないソファには「張り込みタイプ」と記載しています。張り込みタイプは生地がパンっと張るので、見栄えがきれいです。

本革対応ソファ

HAREMで取り扱う本革はすべて牛革。高級感があり、経年変化を楽しめ、ホコリやダニを吸着しにくいので、衛生面でも優れています。但し、本革を張る際はすべて張り込みとなり、カバーの取り外しはできません。ご注意を!

座り心地で選ぶ

座り心地一覧表

座面の硬さ/柔らかさだけではなく、背もたれの素材や座る時の姿勢も考慮しています。
座り心地の感じ方には個人差がございますので、参考までにご覧くださいませ。

スキップ1ミニソファ -SKIP1mini SOFA-

open

薄くてもへたりにくくするため、密度の高いチップウレタンを使用。硬めの座り心地ですが、ウレタンが体をしっかり受け止めます。

ブルックソファ -BLOOK SOFA-

open

高い弾力と反発力が特徴の座面。オプションクッションにもたれて座るとふんわり・しっかりした印象に。

フロフロ -FLO-FLO-

open

寝転がる前提で設計されたソファなので、体全体を支えられるようにウレタンはしっかりめ。でも表面はソフトな触り心地です。

ピクシーソファ -PIXY SOFA-

open

座面はしっかりめですが、大きな背クッションが背中全体をふんわり支えてくれるので座り心地はふんわり、しっかりな印象。

つみきソファ -TUMIKI SOFA-

open

密度の高いウレタンにソフトなウレタンをくるっと巻いた構造。体が沈みにくく、長時間座っていても疲れにくい硬さです。

プレートソファ -PLATE SOFA-

open

座・背クッション、ともにウレタンとフェザーパットを使用しているので、ほどよい張り感とじんわり沈む柔らかさ。

ピカソソファ -PICASSO SOFA-

open

木枠を使った構造のため、床の硬さがおしりに伝わりません。低さとソファらしさを両立させたソファです。

ロハスソファ -LOHAS SOFA-

open

体の沈み込みは控えめですが、表面にソフトなウレタンを使用しているので硬すぎず・柔らかすぎずな座り心地。

マルーンソファ -MAROON SOFA-

open

背もたれに入ったSバネと7種のウレタンが、体をそっと支えてくれます。座面高30cmと高めで、姿勢が崩れにくいソファです。

アルバソファ -ALBA SOFA-

open

ほどよくしっかり、ほどよくやわらか。座面が広いため足を上げやすく、格子張りのウェービングテープがどんな姿勢も支えてくれます。

パルフィソファ -PALFY SOFA-

open

座クッションはふんわりとした座り心地。座クッションを下ろしたところに座るとしっかりめの座り心地です。

カーヤソファ -KARYA SOFA-

open

羽毛と綿が詰まった背クッションは、じんわり埋もれるようなもたれ心地。そんな体を支えるよう、座面は弾力・反発力高めです。

かこみソファ -KACOMI SOFA-

open

羽毛とシリコンフィルが入ったクッションに囲まれているので、どこにもたれても柔らかい。座クッションもふんわりしています。

【コラム】ソファ選びの参考に