メニュー画像
ブルックソファ

ブルックソファ

部屋に浮かぶくつろぎの島。

広くフラットな座面に細い脚。
淡白なようで洗練されたデザインは
置けば、小さな島が部屋に浮かんでいるよう。
ただのソファではない、かと言って床でもない。
ブルックソファは新しい居場所を提案します。

テキスト画像2

オシャレなデザイン

テキスト画像2

奥行き広め

テキスト画像2

カウチソファとしても

ブルックソファについて
ブルックソファについて

その上で、暮らすためのローソファ。

パンッと張った座面は体が沈みにくく、長時間座っても疲れにくい。
奥行きは広く、座れば思わず両足を上げてくつろいでしまうほど。
この悠々とした座面の上では、友人を呼べばおしゃべりが尽きず、一人の時は読書や趣味に没頭できる。
座り心地以上に居心地の良さを追求したソファです。

だからこそ、デザインは極限までシンプルに。
でもスタイリッシュな印象になるよう、座面は可能な限り薄く、スチール脚も可能な限り細く。
ソファは涼しい顔をしていますが、このコンセプトとデザインのために中の構造はかなり変わったものになりました。
それについては、またのちほど。

さりげなくセンスを見せる、だからこの名前を。

ブルックソファの前身としてあるのが、黒のスチール脚と革にこだわった男前なソファ「フラットソファ」。
その脚を低くし、床暮らしにフィットするように、座面が脚を隠して浮遊感を生むように、
リデザインして生まれたのが「ブルックソファ」です。

名前はNYブルックリンより拝借。今でこそ「ブルックリンスタイル」が浸透しましたが、
かねてよりアーティストが集まるカルチャーの発信地で、自然体でオシャレな人・物・場所が溢れる街です。
小さな島のようにも見えるブルックソファ。ブルックリンもまた、ロングアイランドという島に位置しています。
この島のように、この街のように、人の生活が息づくソファでありますように。

印象をつくるのは外見、外見をつくるのは中身。

薄く広く張りのある座面を実現すべく、
座り心地の跳ね返りを左右するテンション材には「コイルスプリング」と「ウェービングテープ」の両方を採用しました。
コイルスプリングはマットレスに使われることが多い素材で、この薄さの中に入っているのはかなり稀。

上にウェービングテープを被せてさらなる弾力性を、いかなる姿勢も支える安定感をプラスしています。
耐久性のために木枠に積層合板を使用し、さらに無垢材で補強。
ソファらしい適度なソフトさのために、表層部には2種類の硬さの異なるウレタンを重ねています。

目的は、座るというよりも、暮らすこと。
デザイン、座り心地、耐久性にこだわった末、中の構造はちょっと特異なものになりました。

ブルックソファのご注文や詳細へ
ブルックソファのご注文や詳細へ
価格/注文やソファの詳細

ブルックソファの使用イメージやお写真/構造やデザイン、価格/注文、ソファの生地カラーをご確認いただけます。

Online shop
ブルックソファの価格の確認、商品
価格表 / 注文

ブルックソファの価格の確認、商品のご注文はこちら。

価格表 / 注文へ
Online shop
ブルックソファの使用イメージや写真
イメージ / 詳細

ブルックソファの使用イメージや写真、ソファの詳細はこちら。

イメージ / 詳細へ
Online shop
ブルックソファの選べる生地/カラー
生地一覧 / カラー

ブルックソファの選べる生地/カラーはこちらでご覧いただけます。

生地一覧 / カラーへ
ブルックソファお客様の床暮らし
ブルックソファお客様の床暮らし
ブルックソファのある暮らし
新しくローソファのある暮らしや床暮らしを始められた、たくさんの方からお声やお写真をいただきました。
  • 栃木県 Y様

    座面は高さ20センチで犬の乗り降りに負担はなさそうです。

    ローソファーにしてから部屋の見通しがよく、部屋が広くなったように感じます。

  • 東京都 M様

    帰りたくなる部屋をつくろうと思い、家具を探していました。

    思わずうたた寝をしてしまうくらいに、座り心地が良く、 自慢の家具になりました。

  • 東京都 G様

    ローソファは横になりやすく座りやすく、また部屋がすっきり広く見えます。

    色も意外にベージュ系、グレー系、もちろんブルー系に合い、生地の質感も四季を通じて馴染みます。